■監督


我妻和樹(あがつま・かずき)
 

1985年宮城県白石市出身。

2004年に東北学院大学文学部史学科に入学。翌2005年3月より、東北歴史博物館と東北学院大学民俗学研究室の共同による宮城県本吉郡南三陸町戸倉地区波伝谷での民俗調査に参加。2008年3月の報告書の完成とともに大学を卒業し、その後個人で波伝谷でのドキュメンタリー映画製作を開始する。
2011年3月11日の東日本大震災時には自身も現地で被災。その後震災までの3年間に撮影した240時間の映像を『波伝谷に生きる人びと』としてまとめ、2014年夏に宮城県沿岸部縦断上映会を開催。その後PFFアワード2014にて日本映画ペンクラブ賞を受賞し、2015年以降全国の映画館にて公開。

その後震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』が完成し、山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のインターナショナル・コンペティションにて世界121の国と地域、1,146本の応募作品の中から最終選考の15本に入選。2018年以降順次全国公開を進めている。

現在は東京を拠点に活動し、南三陸を舞台にした新作『千古里の空とマドレーヌ』の公開準備を進める傍ら、みやぎシネマクラドルなど地元宮城の映像文化発展のための取り組みもしている。

写真2.jpg